仙台フォトコンテスト2014 ~地下鉄東西線 * 沿線風景 地下鉄東西線アートプロジェクト

東西線沿線地域の「いま」を見つめる

地下鉄東西線がいよいよ平成27年に開通します。新しい駅周辺にはどんなものがあって、どういう景色が広がっているでしょう。
地下鉄東西線で出かけてみたい駅周辺の名物/名所や、いつもの街の何気ない生活風景に見出される地域の魅力など、あなたが発見した東西線沿線の地域資源(場所・人・モノ・現象など)を写真に表現して、みんなに伝えてみませんか。
めまぐるしく移り変わる沿線地域の「いま」を、写真にとどめてみませんか。
地下鉄東西線沿線地域の魅力発見をテーマに、公募写真展を開催します。

応募要項

[主催] 仙台市、(公財)仙台市市民文化事業団
[協力] 東西線まちづくり市民応援部

平成26年度文化庁地域発・文化芸術創造発信イニシアチブロゴ

応募要項

趣旨・内容

地域の魅力を発見し、写真表現を多くの人に楽しんでいただくことを目的として、公募写真展「仙台フォトコンテスト2014~地下鉄東西線*沿線風景」を開催します。写真展の期間中に、受賞作決定の公開審査と授賞式を行います。

撮影対象

地下鉄東西線沿線の地域資源(場所・人・モノ・現象など。一般的な名物・名所に限らず、あなた独自の視点で魅力を感じたもの)
※被写体が彫刻作品等、他人の著作物である場合は、そのもののオリジナリティを損なわないこと (被写体を合成・加工した写真は不可)

評価の観点

1. 写真表現としての技術の高さ

2. 被写体を捉えた視点のユニークさ

応募資格

どなたでも応募できます(経験は問いません)

応募条件

  1. 1. 応募作品は応募者自身が撮影したものであること
  2. 2. フィルム・デジタルカメラ(カラー・モノクロ可)で撮影した写真
  3. 3. 過去に撮影された作品も対象とします。 但し、過去にコンテストで入賞、入選したことのない作品に限ります。

応募サイズ

L判~半切プリント(組み写真可)
◯組み写真は 最大で356mmx432mm[半切]内に収まる大きさにレイアウトし、1枚の用紙にプリントするか、台紙に各写真をレイアウトして貼付し持ち上げた時に1枚の状態となるようにしてご応募下さい。
◯展示額装の際、作品の周囲(縁)1.5cm程度はマットで隠れます。予めご了承下さい。

展示について

◯写真展に展示する作品(入選作品)は、主催者が用意する統一の額を使用し展示します。
額サイズ:大衣フレーム(白) 内寸:394mm×509mm

◯展示の際は、作品とともに、「作品のタイトル・出品者名・作品コメント・撮影場所の東西線最寄り駅名・撮影場所情報」を表示します。

応募点数

応募者1人につき1作品

応募期間

平成26年7月16日[水]~12月12日[金]〈必着〉

応募料

無料(ただし、応募作品の送付や返却にかかる費用は応募者負担となります)

【金賞】1点 賞金3万円
【銀賞】1点 賞金2万円
【銅賞】1点 賞金1万円
 ※その他、特別賞を予定

審査員

飯沢耕太郎(写真評論家)
1954年生まれ。近年は写真評論の仕事とともに、きのこ文学研究家としても活動。筑波大学大学院芸術学研究科修了。主な著書「きのこ文学大全」「写真を愉しむ」「増補 戦後写真史ノート」「深読み!日本写真の超名作100」など。
三上満良(宮城県美術館副館長)
1954年生まれ。1981年より宮城県美術館に学芸員として勤務し、近代彫刻、写真・映像分野を担当。近年の企画展「花人中川幸夫の写真・ガラス・書」「日本彫刻の近代」「前衛のみやぎ」「追悼・佐藤忠良展」など。

応募方法

以下の提出物(①写真 ②返却が必要な方は切手を貼付した返信用封筒も)を応募締め切日までに応募宛先にご提出下さい(郵送、または直接事務局へ)。

① デジタル出力または手焼きされた写真
「応募用紙」にご記入の上、写真の裏面にセロテープで貼付して下さい。「液状のり」で貼付しますと、乾く際に作品にシワがよる原因となりますのでご注意下さい。
② 作品の返却を希望する方は、返信用封筒
ご希望により作品を返却します。返信用封筒に、返却先住所・氏名を記入し、作品サイズ・重量に合う郵送費分の切手を貼って上記①と同封の上ご応募下さい。作品は写真展終了後(平成27年3月初旬以降)、順次返却予定です。
返却を希望しない方の写真展終了後の作品の取扱いについては、主催者に一任させていただきます。

審査および応募作品の画像データ化について

◯展示する作品(入選作品)は審査により決定します。審査は審査員が実物の写真により非公開で行います。

◯入選作品の中から公開審査により金・銀・銅賞を決定します。公開審査時に、スクリーンに受賞候補作となった応募作品の画像を映し出します(画像データは、主催者側で、提出されたプリントを元に作成します)。予めご了承下さい。

入選及び受賞発表

応募作品が展示されているかどうかの入選通知は行いませんので、写真展会場にて直接ご確認いただきますようお願いいたします。

◯受賞作品の発表は写真展会場で掲示するほか、公開審査終了後にインターネット上でも発表します(作品画像・タイトル・受賞者名・作品コメント・撮影場所の東西線最寄り駅名・撮影場所情報を掲載することがあります)。

作品の取扱い・留意事項

  1. 1. 応募作品の著作権は、撮影者に帰属します。
  2. 2. 受賞者は、写真の画像データのご提出をお願いいたします。画像データは、本コンテストの広報活動や仙台市のシティセールスとして、新聞、雑誌、テレビ、 ホームページなどで使用することがあります。使用にあたっては撮影者の氏名表示を行います。
  3. 3. 事業報告として、写真展の会場風景や授賞式の様子、また受賞作品の画像をインターネット上で公開します。公開にあたり、受賞作は「作品画像・タイトル・受賞者名・作品コメント・撮影場所の東西線最寄り駅名・撮影場所情報」も併せて掲載します。
  4. 4. 主催者は応募作品を無断で第三者に貸与することはありません。貸与する場合は、撮影者に事前に利用目的、使用条件(有償、無償)を説明した上で、承諾が得られたものについてのみ貸与いたします。
  5. 5. 応募作品が他のコンテストで入賞、入選していることが判明したときは、主催者は入賞、入選等を取り消すことができます。
  6. 6. 人物などが写っている場合は、かならず被写体の方の承諾を受けて下さい。公開にあたり、トラブルが生じても主催者は責任は負いません。
  7. 7. 応募作品の被写体が他人の著作物である場合は、著作権保護の観点から原作者の許可なく応募作品を販売することはできません。
  8. 8. 主催者は応募作品の取扱いには万全を期しますが、作品の破損、盗難などの責任を負いません。なお、写真展会場には監視員は常駐いたしませんので、予めご了承下さい。ご自身で損害保険に加入することをお薦めします。
  9. 9. 応募者の個人情報は、「仙台フォトコンテスト2014」展に係る事業以外には使用しません。
  10. 10. 応募用紙の項目に記入漏れがあるもの、上記応募条件(撮影対象・締め切日・サイズ等)に違反のものは原則失格となります。
  11. 11. 応募されたものは、この応募要項に記述された作品取扱い等の条件に同意したものと見なします。

応募先/お問い合わせ先

(公財)仙台市市民文化事業団 事業課「仙台フォトコンテスト2014」係
〒981-0904 仙台市青葉区旭ヶ丘三丁目27-5
[TEL] 022-301-7405(平日9:00~17:00) [FAX]022-727-1874
[E-Mail]info@sendaicf.jp

応募用紙

応募用紙(pdf形式)

応募用紙(xslx形式)

公募写真展 「仙台フォトコンテスト2014 ~ 地下鉄東西線*沿線風景」

入選作品を展示してご紹介します。

日時:
平成27年2月20日(金)~2月25日(水) 10:00~19:00(最終日は17:00終了)
会場:
せんだいメディアテーク 6階ギャラリー a (住所:仙台市青葉区春日町2-1)

【来場者とつくる東西線地域資源マップ】

展示写真を活かしながら沿線の地域資源を多くの方に知ってもらうことを目的に、写真展会場に、来場者が自由に書き込みできる地下鉄東西線沿線地図を設置します。
応募者の方がご来場の際は、この地図に被写体(あるいは撮影)位置を書き込みしていただきますようお願いします。

公開審査&授賞式

審査員が受賞候補作品を講評しながら公開で受賞作を決定します。講評を通じて、写真のみかたや評価のポイントについて知っていただく機会となります。また受賞作決定後、授賞式を行います。

日時:
平成27年2月22日(日)13:30~15:30
会場:
せんだいメディアテーク 6階ギャラリー a

無料。応募者に限らず、どなたでも。直接会場へ。
※座席に限りがあります。また、公開審査時に、一部の展示が見られなくなることがあります。

受賞者結果発表

地下鉄東西線沿線地図


より大きな地図で 仙台市地下鉄東西線 を表示

関連企画:東西線アートプロジェクト
たまちゃんのにっこり寿司ワークショップ「地下鉄にのりまき!」

東西線沿線周辺の名物が図柄の巻き寿司を、巻き寿司アーティスト”たまちゃん”(清田貴代さん)とつくり、その写真を公募写真展「仙台フォトコンテスト2014」で展示します。ワークショップへの参加ご希望等、ご興味のある方はこちらをご覧下さい。

「地下鉄にのりまき!」